マネタイズ

情報発信ビジネスにおける実績の役割と実績ゼロの場合の戦い方

こんにちは、風早です!
僕の詳しいプロフィール

さて、今回のお題はこちらです!

情報発信ビジネスにおける実績の役割

先日、僕が運営するコミュニティのメンバーから、

情報発信ビジネスでは実績の出た方法を発信していって、それで収益化させていくという理解でいます。

ただ自分の場合、メルマガの経験も実績もゼロなので、まず別のビジネスで実績を出してから情報発信をした方が良いでしょうか?

といったご質問が届きました。

実は僕自身も、メルマガを始める前はこの方と同じ疑問を抱いていていつもブルーになってましたね。

だって、情報発信で稼ぐ人はみんな実績があって、その実績に引き寄せられて人が集まり、さらに収益化できていることは当時の僕の目から見ても明白でしたからね。

そこで今回は、情報発信ビジネスを手掛けていくにあたって実績は必要なのか?ということについて、解説していこうと思います。

全編動画はこちら

情報発信ビジネスにおける実績の役割

僕自身、まだ何の実績もない頃は、

  • 実績がなければメルマガを使った情報発信では稼げないのでは?
  • 実績がなければそもそも情報発信するネタや商品も作れないのでは?

こう考えれば考えるほどブルーになり、敷居の高さに辟易していました。

ですが、同じような状況に陥っている人のためにも、ここでハッキリとお伝えしておこうと思います。

たとえ現状の実績がゼロだったとしても、情報発信ビジネスはきちんと稼げますから!

そりゃあ、実績は無いよりはあった方が良いですし、どの要素よりも魅力的に映るのは確かです。

それに、ノウハウや手法には興味がなかったのに、実績に魅かれてその商品を買っちゃったという人も少なからずいると思います。

でもですね、「実績」というのはあくまでも、自分に興味を持ってもらうための一つの要素に過ぎないんですね。

要するに、実績を何も見せなくてもやり方によってはきちんと人を集めて稼いで行けるってことです。

反対に、どれだけ実績が物凄かったとしても、他の要素がショボければ人は離れてしまい、稼ぐことが難しくなることも多いです。

実績のパワー自体は、否定しません。

でも、実績がなければ情報発信では稼げない、こう考えるのは大きな間違いなんですね。

もちろん、転売とかブログとかYouTubeとかで既に実績があるのなら、その実績を活用すれば情報発信ビジネスで稼ぐスピードは確かに加速します。

だからと言って、情報発信で稼ぐための実績作りのために転売やブログを始める必要はありません。

メルマガでもメルマガ以外のやり方でも、実績が何もないのなら…。

メルマガをいきなり始めちゃえばOKですし、その方が圧倒的に早く稼げるんですね。

まとめ


メルマガを使った情報発信というのは、ゼロイチの鉄板手法が存在します。

最初は誰でもできることで実績を作り出し、その実績を足掛かりにしてステップを踏み、スムーズにゼロイチができるわけです。

なので、メルマガ以外のやり方で実績を作る必要は実はこれっぽっちもないんですね。

実績が既にあるなら有効活用。

何も実績がないならメルマガからスタート。

これでOKなんですね。

僕が仕組み作りを教えている人たちも最初は実績ゼロだった人の方が多いです。

でも、メルマガでちゃんと稼げるようになってますので、最初の実績というのは全く関係ないですね。

これ、お伝えすると結構みんなビックリします。

それくらい、情報発信は実績がある人がやるビジネス、という偏見を持っている人が多いんですね。

実際、メルマガ以外のやり方でまず実績を作ろうとすると、それだけで半年とか1年とか普通にかかります。

じゃあ、メルマガ始められるのはいつになるの?って話ですし、そもそも環境やモチベーションがそのまま続くかどうかも不透明ですよね?

圧倒的な自由とか理想のライフスタイルはメルマガ以外のやり方では正直難しいです。

最終的にメルマガに取り組むのが目標なら、だったら最初からメルマガやりませんか?って僕は思うわけです。

その方が、貴重な時間を無駄にせずに済みますよ。



自由と自分らしいライフスタイルの描き方


ABOUT ME
運営者名:風早 ノヴ
愛知県出身。 8年間ダークブラックな企業で会社員として働きながら、あるとき自分が社会不適合者だと気づく。 副業でアフィリエイトをスタートし、当時の給料を上回る成果を得たことを足掛かりに脱サラ。 漫画原作者を目指していた経験を活かし、ストーリー性に富んだライティングやマネタイズを意識した無駄のない仕組み作りを得意とする。 情報発信による自動収益化やひとりビジネスコンサルティングなどで着実に成果を出し、2018年に法人化。 その後「図太く、丁寧な暮らし」をコンセプトとしたオンラインコミュニティ『ARTISTIC WORLD(アーティスティック・ワールド)』を立ち上げ、時間やお金の不自由さに悩む方たちが各々の理想とするライフスタイルを実現できるよう「個人で稼ぐ力」の育成をアシスト中。 趣味は漫画・ジャンクション巡り・ミニ四駆。