コピーライティングにおける「他者比較」によって優位性を伝えることの重要性と3つの構成要素

[chat face=”nov_profile.jpg” name=”” align=”right” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]こんにちは、風早です!
僕の詳しいプロフィール

さて、今回のお題はこちらです!
[/chat]
[jin-yohaku10]
[box03 title=”「他者比較」によって優位性を伝えよう”][/box03]
[jin-yohaku30]
「他者(or他社)比較」とは、あなたの商品と他の人が作った商品とを比較したり、他のジャンルのサービスなどと比較することです。

つまり他者比較とは、ライバルと比較をすることで自分の商品の「優位性」を伝える項目なんですね。
[jin-yohaku30]
そして、どんな商品やサービスにも優位性は存在するので、あとはどういった視点で優位性を見つけ示してあげるかということが重要になってくるわけです。
[jin-yohaku30]
そこで今回は、「他者比較」によって優位性を伝えることの重要性と3つの構成要素について解説していこうと思います。
[jin-yohaku10]
https://wind-graffiti.jp/the-eight-elements-of-copywriting/
[jin-yohaku30]

どんな商品やサービスにも「優位性」は存在する


あなたの商品を他者のそれと比較して自分の商品が勝っている部分を示すことで、見込み客の背中を押してあげる必要があります。

ただ、
[chat face=”komatta_0606054932.png” name=”” align=”right” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]自分の商品はライバルよりも勝っている部分があるのかな?[/chat]
と考える人が時々いますが、「優位性」というのはどんな商品やサービスであっても必ず存在するので安心してください。

要は、必ず存在している優位性を「見つける」という意識を持つことが大切です。
[jin-yohaku30]
それに、ライバルをリサーチしていると、自分よりも立派なブログやランディングページあるいはセールスレターを目の当たりにする、なんてことは日常茶飯事です。

で、勝手に自分の商品が劣っていると判断してしまう人も少なくないんですね。
[jin-yohaku30]
でも、視点を変えればどれだけ強そうに見えるライバルであっても、必ずあなたの方が勝っている箇所があるはずです。

例えばブログを例にするなら、

  • ライバルよりも自分の方が文章が見やすい
  • ライバルよりも自分の方がデザインがキレイ
  • ライバルよりも自分の方が記事数が多い

といった感じですね。
[jin-yohaku30]
どうしても優位な箇所が見つからない場合は、ライバルに勝つ箇所を新たに作ってしまえば大丈夫です。

そもそも、商品を販売するのであれアフィリエイトするのであれ、他者比較をして優位性を示さないと見込み客は悩み込んでしまって、購入するどころではなくなってしまいます。
[jin-yohaku30]
ただでさえ、人は比べたがる生き物なのに、優位性の判断を見込み客に任せてしまえば、
[chat face=”komatta1_1104072632.png” name=”” align=”right” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]もっと他に優れた商品があるかも…[/chat]

[chat face=”komatta2_1104072733.png” name=”” align=”right” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]もっと自分に合った商品があるのかも…[/chat]
といった状態に陥り、あなたの商品はいつまで経っても購入してもらうことは不可能になってしまうんですね。
[jin-yohaku30]
なので、ライバル商品との比較を見込み客に任せてしまうのはNGです。

こちら側から比較検討材料を提供してあげて、その上であなたの商品の優位性を伝えていく必要があるわけです。
[jin-yohaku30]

他者比較を構成する3つの要素


他社比較の項目は、「類似品と比較してみて、あなたの商品がどのように凄いか?」ということにフォーカスしたパートになりますので、それをしっかり頭に入れて書き出してみてほしいなと思います。

そして、他者比較を考えていく場合、

  1. 求める結果を出すためのシステム・環境
  2. 商品グレード
  3. 実績

これら3つの要素を掘り下げて考えていくのがおススメです。

というわけで、1つずつもう少し解説を加えていきますね。
[jin-yohaku30]

求める結果を出すためのシステム・環境

あなたの出す商品は他者(or他社)の商品と比べて、システム面や環境面でどれくらい優位性があるのかを書き出します。

  • あなたの商品は、どんなシステムがあるのか?
  • あなたの商品は、どんな環境で利用可能か?
  • あなたの商品は、どんな環境が用意されているか?

常識や想像を超えた内容であることをしっかりと伝えてあげましょう。
[jin-yohaku30]
例えば、サイト作成ツールを販売する場合なら…。

  • (ライバルと違って)初期設定をすべて代行する
  • (ライバルと違って)WindowsでもMacでも使える
  • (ライバルと違って)デザインが楽々
  • (ライバルと違って)サブスクではなく買い切り

といった感じですね。
[jin-yohaku30]

商品グレード

世の中には、「(商品)グレード」というものがあります。

そもそもグレードというのは「等級」や「階級」のことで、グレードによって顧客層は異なってくることになります。
[jin-yohaku30]
イメージしやすいと思うので車でたとえてみると、排気量や快適装備などの違いによって同じ車種でも見た目や性能が異なることは一般的です。

同じ車種でも異なるグレードが存在するのは、2000CCのグレードを求める人もいれば、3000CCのグレードを求める人もいるからです。
[jin-yohaku30]
一方で、例えばメルセデスベンツにはスモールSUV・ミドルSUV・ラージSUVがラインナップされているんですが、トヨタやBMWにも同様にスモールSUV・ミドルSUV・ラージSUVというカテゴリーが存在します。

それは、スモールSUVを求める客層・ミドルSUVを求める客層・ラージSUVを求める客層がそれぞれ存在しているからなんですね。
[jin-yohaku30]
このように、世の中には「グレード」というものが確かに存在し、どのグレードが良いということではなく、大切なのは「どのグレードを求める見込み客を相手にするか?」ということです。
[jin-yohaku30]
例えば、車の場合なら…。

  • 富裕層にはメルセデスベンツやBMW
  • 比較的予算を抑えたい人には国産車
  • 小回り重視の人には軽自動車やコンパクトカー
  • ファミリー向けにはミニバンやSUV

といった感じですね。
[jin-yohaku30]
このように、あなたの商品はどういったグレードで、どういう顧客の要望に応えられるのか考えてみてください。
[jin-yohaku30]

実績

最後は「実績」です。

実績というのは最も比較しやすく、他者比較の効果を出しやすい項目です。
[jin-yohaku30]
例えば、サイト作成ツールを販売する場合なら…。

  • (ライバルよりも)多くの人が使っている
  • (ライバルよりも)歴史が長い
  • (ライバルよりも)満足度が高い
  • (ライバルよりも)カスタマイズの自由度が高い

といった感じですね。

ただし、実績にも見せ方は色々な方法があるので数字的な面だけでなく、あなたの商品がライバルより優れている部分を上手に見つけるか、なければ作ってしまいましょう。
[jin-yohaku30]

まとめ

というわけで今回は、「他者比較」によって優位性を伝えることの重要性と3つの構成要素について解説させていただきました。

他者比較を行うことで自分の商品の優位性を示すことができ、それによって見込み客を迷わすことなく行動してもらえるようになります。
[jin-yohaku30]
他者比較の方法は様々なやり方があるので、いかにして自分の商品を優位に見せるかを工夫してみてくださいね。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です