マインドセット

ドリームキラーというあなたの挑戦を妨げる身近な存在とその対応策

こんにちは、風早です!
僕の詳しいプロフィール

世の中には、
いわゆるポジティブな人と
ネガティブな人がいます。

一般的には

  • ポジティブが楽観的
  • ネガティブが悲観的

という意味で使われることが多いですね。

たとえばTwitterをやっていると
ポジティブなワードが咲き乱れ
勇気づけられることもたくさんあります。


ただ、
世間では決してそうではなくむしろ
ネガティブ発言をする人の方が多いです。

僕自身もそこまで、
根がポジティブなわけではないので
できるだけポジティブでいられるように
普段から強く意識するようにしています。

なぜなら、
ポジティブな人の放つ言葉よりも
ネガティブな人の放つ言葉の方が
圧倒的なパワーを持っているからです。


僕の場合だと、
ネガティブな状態になっているときは
心の中に悲観的な言葉ばかり浮かびます。

そうなると、
なかなかネガティブな状態から
抜け出せなくなってしまうんですね。

ところが、
ポジティブというのは意識しないと
あっという間にネガティブ化します。


それほど
ネガティブには大きなパワーがあります。

そして、
ネガティブ発言をする人というのは
%name1%さんのやる気や熱意を奪い
その圧倒的なパワーによって、

  • あなたの夢や目標を邪魔する
  • あなたの挑戦を否定する
  • あなたが変わることを引きとめる

という妨害を仕掛けてきます。

で、こういった人のことを

「ドリームキラー」

と言ったりするんですね。


実は、
ドリームキラーは身近なところにいて

  • 奥さん
  • 旦那さん
  • 子供
  • 恋人
  • 義理の実家
  • 上司や同僚
  • 友人や知人
  • 先輩や後輩
  • 先生や恩師

といった人たちがドリームキラーと
なりがちです。

特にビジネスのような、
一般的に受け入れられにくい挑戦などは
彼らの妨害の対象となりやすいわけです。


僕も類に漏れることなく
脱サラ起業を決意したときには、

上司からは
『上手くいくわけないだろ』

とか

家族からは
『お願いだからバカなことはやめて』

とか

友人からは
『いい年してその発想はヤバイよ』

といったことを言われました。

せっかく自分の意思で決断して
やる気や意欲を持って新しいことに
チャレンジしようとしてたんですよ。

でも、周りのほとんどの人から
否定的な言葉を浴びせられました。


応援してもらいたくて伝えたのに
ことごとく否定されてしまったのは
悲しいというかビックリしちゃいました。

ただ後になって、
誰もが僕の挑戦に否定的だった理由が
次第に分かってきたんですね。

というのも全員が

  • 自分自身はビジネス経験がない
  • 僕が変化して離れることが不安

といった心理だったからです。


つまり、
自分自身の経験則のものさしだけで
物事の成否を判断しようとしたり、
自分の経験したことのない世界に僕が
行こうとしてるのが不安だったわけです。

僕はそれが分かったことで
自分の意思を貫くことができました。

でも、
もしビジネス経験のある人の言葉なら
耳を傾けていたのは間違いないですし、
そもそもアドバイスをしてくれたり
応援してくれたはずです。


ビジネスの実体験がないからこそ
否定一辺倒になるしかない。

ドリームキラーの心理と言うのは
そういった背景があるわけです。

もちろん、
本当に僕のことを思って心配から
否定的な発言をしてきた人もいます。


ただそうではなく、
自分よりも先に行ってしまう嫉妬とか
万一、成功した場合の羨ましさとか、
そういった悪意から否定的な発言を
僕に浴びせてきた人もたくさんいました。

夢や目標に向かって新しいことに
挑戦しようとするやる気や熱意よりも、
ネガティブな人の否定的な発言の方が
圧倒的なパワーがあるのは確かです。


それゆえに、
そのパワーに飲み込まれてしまって
自らの挑戦を諦めてしまう人って
実はもの凄く多いんですね。

また諦めるまで行かなくても決断までに
葛藤して膨大な時間を失ってしまう
という人も後を絶ちません。

真正面から自分の主張をしたところで
よほど強い決意や覚悟がない以上は、
そういった負のパワーに勝つのは
非常に難しいというのが僕の考えです。


でもそれでは、
いつまで経っても挑戦することから逃げ
成功がドンドン遠のくだけなんですね。

じゃあどうすれば良いのかと言うと
ネガティブ発言をしてくる人は
積極的に「遠ざける」。

シンプルですが、これがベストです。


ドリームキラーになるのは
身近な人が多い分、
完全に関係を断つのが難しい
という側面があります。

なので、

「遠ざける」

という意識を心がけるのが
ドリームキラー対策のコツです。

ただ、奥さんや旦那さんのように
遠ざけることが難しいケースも
あるかと思います。

そういった場合には、

  • 説得して安心してもらう
  • 期日を決めて納得してもらう
  • ダメなら再就職など代替案を出す

といった方法を取るのもおススメです。
(僕はすべてやってみました)


で、
実はもう1人だけ
ドリームキラーとなり得る
恐ろしい存在がいるんですね。

それが、

「自分自身」

なんです。

誰かに否定的な言葉を言われなくても
自分自身で勝手に言い訳を作り出し、
チャレンジを断念してしまう人も
後を絶ちません。


その大きな理由となっているのは
「自己肯定感の低さ」なんですね。

たとえば、

  • 今まで挫折続きだったから今回も無理
  • こんな難しいこと自分にはできない

こう勝手に自分で思ってしまうわけです。

これでは生涯、
挑戦なんて不可能になってしまいます。


ですので、
自分自身がドリームキラーに
なりかねないという自覚がある人は、
ぜひ今からお伝えする方法を
今日からすぐに試してみてくださいね。

自分自身がドリームキラーとならない
ための具体的対策としては、

  • 能力のない今の自分を受け入れる
  • 頑張ろうとするのではなく楽しむ
  • 過去の小さな成功体験を思い出す
  • これから小さな成功体験を積み重ねる

といったことを意識することです。


こういった対策を取っていくことで
自己肯定感というのは随分改善しますよ。

せっかく僕のメールをここまで
読んでくださっているわけなので、
他人や自分に挑戦を邪魔されるなんて
もったいないです。

でも、
否定的な人たちの考え方を変えるのは
とても難しく不可能なことの方が多い。

ですので、
相手の考え方を変えることに
エネルギーを割くのではなく、まずは
自分自身でできるドリームキラー対策を
やってみてくださいね。



自由と自分らしいライフスタイルの描き方


ABOUT ME
運営者名:風早 ノヴ
愛知県出身。

名古屋駅から車で15分くらいのところでのんびり暮らし。

気づけばビジネス歴10年超のアラフォー主夫です。

ダークブラックな企業で働くうちに人生があっという間に過ぎ去ってしまうことにとてつもない恐怖感を覚え、

「このままではヤバイ!」

的な感じで暗中模索。

同時期に自分が社会不適合者だと気づき、自分のペースで穏やかに暮らしていきたいとの思いからネットでビジネスを始めてみました。

その後、アフィリでそこそこ成果が出たのでウザかった職場とサヨナラ!
→個人事業主へ。

それからとんでもなく遠回りしたものの、今はブログ・メルマガ・SNS・コンテンツ販売で家から出ずに稼ぎつつ、1人でヒッソリと2社の法人を経営できるまでに…。

自宅から一切出なくても稼げるようになったので、念願だったひきこもりには成功中です。

最近は、

『家から出ずに完結するビジネスを作り副業から脱サラして独立した後も経営者として安定的に自立して暮らす』

をコンセプトとして、

・場所を選ばない働き方
・理想とする丁寧な暮らし

の実現を目的としたコミュニティを運営しています。

たった一度の人生なので、会社に依存せずに自由で自分らしく生きていきたい方、もっと人にやさしく生きていきたい方は、僕のコミュニティを覗いてみたら何かが変わるかもです。

【趣味】漫画・アニメ・車
【将来の夢】中古車販売店オーナー