成功者思考

自己投資というスキルを磨けばなぜ稼げるのか?着実に成果を出すための前提条件

こんにちは、風早です!
僕の詳しいプロフィール

さて、今回のお題はこちらです!

着実に成果を上げるための前提条件とは?

以前僕が会社員だったときの話なんですが、仕事上のコストを自分のお金で負担するってことがほとんどなかったんですよね。

交通費とかお客さんとの飲食代もすべて会社の経費にできましたし、仕事に関係する教育費用や研修費用だって、基本的には会社持ちでした。

なので、当時の僕には仕事で身銭を切るという意識がまったくありませんでした。

そして感覚のままビジネスを始めてしまったことで、僕はその後長きにわたり、随分と苦労する羽目になったんですね。

そこで今回は、僕が犯した失敗談を元に着実に成果を上げるための前提条件をお話していこうと思います。

全編動画はこちら

成果を出すにはその分野の先人に学ぶのが一番


僕は身銭を切るという発想自体がないまま、独学でビジネスに取り組み始めてしまったことにより、大変な遠回りを余儀なくされました。

というのも、ビジネスにおいて独学を選択する道には、数々の“罠”が仕掛けられていたからです。

たとえば、間違いに自力で気づけないことですね。

他人から指摘されることのない環境で全ての作業を独断で進めて行ったが故に、明らかに間違った取り組み方をしていてもその間違い自体に中々気づけませんでした。

もちろん、趣味でやるならそれでも良かったんですが、ビジネスでは正しい方法で進めなければやっぱり成果って上がってこないんですね。

なので、間違いを客観的な視点から特定できる環境というのは思っていた上に大切なことだと実感してます。

そもそも、僕がビジネスに取り組む上で何よりも優先すべきだったのは、ビジネスを独学で淡々とやることではなく、すでに成果を上げている人から力を借りて、あらゆる自由と理想のライフスタイルを手に入れるための努力だったんです。

でも、実際には独学という選択をしたがために、時間の浪費と遠回りを繰り返した挙句、成功や理想とするライフスタイル自体をただただ先延ばしにしてしまったんですね。

そういった実体験から、ビジネスに独学で取り組むという選択は最も避けるべき最悪の選択だったなと僕は身をもって痛感したわけです。

そうなると、やっぱりその分野の先人に学ぶのが実は一番、手堅くて着実なんですよね。

なぜなら、先人達が膨大なトライアンドエラーの末にようやく成果を出すに至った貴重な情報が、基本的にお金を出せば誰にでも簡単にゲットできるからです。

僕がビジネスを始めた頃の話に戻りますが、当時は極力コストをかけずに成功したくて、2ヶ月くらい独学で実践していたんですね。

そのときコストをかけたのは近所の書店に千円くらいで売っていたアフィリエイトの書籍数冊だけです。

それらの本を隅から隅まで読み込んで2ヶ月間試行錯誤を繰り返したんですが、それでも1円すら稼げませんでした。

一方で、ちゃんと実績が出てる人もいて、彼らと自分の何が違うのかを知りたくて、試しに、あるアフィリエイト系の教材を1万円くらい払って買ってみたんですね。

そしたら、教材購入後1週間も経たないうちに、初報酬をゲットしちゃったわけです。

あの稼げなかった2ヶ月間は、一体何だったんだって心底思いましたね。

でも、こういった情報というのは、独学では何年かけても決して得ることはできないということも同時に学びましたね。

それほど合理化・体系化された、非常に質の高い情報だったわけです、僕が先人から学べたことって…。

自己投資がお金を増やすという点で圧倒的に最強なワケ


僕のプロフィールの中でもお伝えしているんですが、僕は起業後に思ったような成果が出せず、経済的破綻寸前の窮地に追い込まれたことがあります。

そして、そのときに「3ヶ月だけ最後に挑戦してそれでダメなら再就職する」という制約を設け、覚悟を決めて3ヶ月だけネットビジネスに取り組むことにしたんです。

で、「メルマガを使った自動収益化の仕組み構築」で成果を上げている人を探し出し、身銭を切ってその人にコンサルを要請し、先人から直接学ぶ環境に身を置きました。

それから、僕は自動化の仕組み作りのイロハを学び、客観的で無駄のない指導を受けながら、最短ルートで仕組みを構築していきました。

その結果として、仕組み構築後2ヶ月で月収25万円、4ヶ月で58万円稼ぎ出し、再就職をすることなく、このコミュニティでも提唱している「図太く、丁寧な暮らし」をようやく満喫できるまでになれたんですね。

もし、独学のままで取り組んでいたのなら遠回りを遠回りと自覚できないまま、きっと今も1人で彷徨っていたはずです。

もちろん、数ヶ月という短期間で成果を出すことは不可能だったでしょう。

このように、質の高い知識や情報を手に入れるために、お金を投じていくことを自己投資と言います。

なぜこんな呼び方をするのかと言うと、自分が得る情報のために投じたお金が実際に後から何倍にもなってまた自分へと返ってくるからです。

また、自己投資の具体例としては、

  • 教材を買ったり
  • セミナーや講座に参加したり
  • 塾やスクールに参加したり

とか、そういったものがありますね。

それに、僕はこれまで何十人という成功者と話す機会があったんですが、自己投資もせずに独学だけで成功した人は、ただの1人もいなかったんですね。

稼いでいる人ほどすべからく自己投資がいかに無双で最強であるかを理解していて、自己投資自体を全く惜しまないんですよ。

一方で、稼げてない人は、

稼げるようになったら自己投資しよう
経験値を積んだら自己投資しよう

といった感じで、お金を使うことを恐れて、自己投資を後回しにしちゃうわけです。

でも、逆なんですよね。

自己投資するから稼げるようになるし、自己投資するから経験値が上がります

稼げない人ほど、こういった思考ができてないわけです。

このことは、他の業界やジャンルに置き換えてみれば、おかしいなってすぐに分かると思いますよ。

たとえば、

  • 独学で英語が話せるようになったら英会話教室に通う…
  • 独学である程度筋肉がついたらトレーニングジムに通う…
  • 独学で字が上手くなったら習字を習いに行く…

意味不明ですよね?笑

ビジネスでいつも失敗してしまう人も、これと同じ思考回路をしているわけです。

しかしながら、大切なのは今持っているお金を節約することではなく、1日も早くやりたいことを思いっきりやっていける生き方を手に入れることのはずです。

独学でわざわざ遠回りをして、時間を無駄にするなんてもったいないです。

時間はもう二度と取り戻せませんからね。

でも、お金は後で取り戻すことができるんです。

なので、世の中の多くの人たちと同じように、せっせと貯金に励むんじゃなくて、僕らは時間をお金で買うという意識で、自己投資に投じていくのが重要なのです。

そして、そうすることで知識やスキルが洗練され、自力でお金を稼げるようになります。

だからこそ、自己投資が一番効率的にお金を増やせる圧倒的に最強な方法なんですね。

まとめ


というわけで今回は、着実に成果を上げるための前提条件について解説させていただきました。

まず、ビジネスに独学で取り組むという選択は最も避けるべき最悪の選択だということ。

そして、一番手堅く着実に成果につながる方法が「先人から学ぶ」ということです。

ただ、先人たちはタダでは肝心なことは教えてくれないので、貴重な情報にはお金を払う必要があります。

そういった質の高い知識や情報を手に入れるためにお金を投じていくことを「自己投資」と言い、稼ぐ人は間違いなくこの感覚を持ち合わせています。

ビジネスを始めたばかりの頃は、中々お金を投じられなかったりするんですが、時間を買うという意識で積極的に自己投資をしていくのが実は最も早く成果を出すことにつながる、という意識は絶対に覚えておいてほしいなと思います。

風早
風早
お金は一度失っても、また取り戻すことができます。

でも、一度失った時間は何をどうやっても取り戻せません。

だからこそ、積極的にお金を投じて行って成果を上げるまでの時間をショートカットさせ、お金はあとで取り戻そうというのが、自己投資の本質ですね。



自由と自分らしいライフスタイルの描き方


ABOUT ME
風早 ノヴ
運営者名:風早 ノヴ
愛知県出身。 8年間ダークブラックな企業で会社員として働きながら、あるとき自分が社会不適合者だと気づく。 副業でアフィリエイトをスタートし、当時の給料を遥かに上回る成果を得たことを足掛かりに脱サラ。 漫画原作者を目指していた経験を活かし、ストーリー性に富んだライティングやマネタイズを意識した無駄のない仕組み作りを得意とする。 情報発信による自動収益化やひとりビジネスコンサルティングなどで着実に成果を出し、2018年に法人化。 その後「図太く、丁寧な暮らし」をコンセプトとしたオンラインコミュニティ『ARTISTIC WORLD(アーティスティック・ワールド)』を立ち上げ、時間やお金の不自由さに悩む方たちが各々の理想とするライフスタイルを実現できるよう「個人で稼ぐ力」の育成をアシスト中。 趣味は漫画・ジャンクション巡り・ミニ四駆。